〜New Arrival!〜 【クラフト満生符】| 陶・ひのきテーブル

【陶・ひのきテーブル】

◆桧(ひのき)の材の「ナチュラルでありながらどこかどっしりした」存在感と、
多彩な「陶」のいろどり・手触り感がマッチング。豊かなハーモニーを奏でる。
そんなテーブルです。


【作品名・特徴】
陶・ひのきテーブル
〜信楽焼の陶のピースをはめ込んで「手わざ」も冴える桧のテーブル〜

◆たくさんの愛らしいピースが「ちょっと楽し気に」並んでいて、
和洋の家屋を問わず、様々な生活の日常のシーンに溶け込むと思います。

◆例えば、ティータイム・コーヒーブレーク。
お茶やコーヒーを味わうのと同じくらい、カップそれぞれの意匠をめでたり、
感触(視覚・触覚ほか)を楽しむのも、いい時間の過ごし方ですよね。

同じように「テーブル」だって、視覚的に、また触覚的に、大いに楽しんでいただきたい。
楽しめるはずではないだろうか。そんな思いも込めて製作いたしました。


◆工法の上では、釘を一本も使用せず、陶ピースは木地をくりぬいて
ひとつひとつはめ込んでおります。

「ひのき」と「陶」。それぞれの素材を生んだ職人・匠たちの技。
さらには、その奥にある自然や土地・風土への“リスペクト”を感じながら、
手仕事で時間をかけて製作しています。


【素材】
・桧(荏〜えごま〜油、蜜蝋仕上げ)
・陶タイル(多様・多彩な色彩とパターン/信楽焼)

◆木目の豊かさ・美しさ、木の素材「そのもの」を味わっていただくため、
桧には手を加え過ぎないよう心掛けました。表面を滑らかにし、えごま油で仕上げているだけですので、
木本来のナチュラルな感触を受け取っていただけると思います。

◆陶のピース(タイル)は信楽焼のもの。堅牢さ・素朴さを保ちながら、
色彩とパターンの「そこはかとない洗練度」を感じさせるあたり、
長い伝統に裏打ちされた信楽ならではの心憎いほどの「技」。・・・ではないでしょうか?


【寸法】
・天板:幅(横):57cm × 奥行(縦)47cm
・脚部:幅(横):58cm × 奥行(縦)52cm 
・全体高さ:57cm
・重さ:14.8kg

◎送料の件
・本テーブルに関しましては、大型商品につき、配送代金のご負担をいただきたく存じます。
商品代金に併せて、カート投入時に配送料(実費/お送り先別)を加算させていただきます。
[*なお、荷姿としましては、梱包の上、ゆうパック(170サイズ)を利用してお送りの予定]

・以上、予めお含みおきください。


【わざ〜技法・技術】
天板と脚の簡易接手
※木片をつなぎ合わせる場合に、接合面に凹凸をつけ接合強度を保つ。

<作家・工房としての「わざ」へのこだわり>
木材は木目や杢、節、樹皮を持ち、様々な表情を呈します。
工業製品ではなく、その表情をできるだけ残した手工品として完成させています。



【取り扱い上の注意点/お手入れ】
◆固く絞ったふきんで拭く。木部に関しては数年に一度、少量の木工ワックス(蜜蝋など)を
刷り込むように広く塗布する。 *塗布時には木工ワックスの取り扱い説明書を参照。

◆設置場所としては、屋外、湿度の高い場所、乾燥の強い場所、
直射日光の強い場所をさけてください.

◆アルコール等をこぼしたときは素早くふき取ってください。色むらになることがあります.


<Profile & Message>
満生符

●仕事内容/作品ラインナップ
創作木工・真鍮加工等
栃テーブル、桧テーブル、欅サイドテーブル、欅スピーカー など

●特長
製材された木材だけでなく、粗材をもとに加工することで、
木の持つ形状を活かしています。

木目や杢、節、樹皮を残し、
また、伐採時や運搬時の傷なども含めて、造形物として
味わえる木工物を目指しています。

製作方法にとらわれず、素材に合わせて加工、造形しているため、
同様の作品でもすべて表情が異なります。


是非、「工業製品でない」創作物、その味わい深さを楽しんでください。

■併せてご覧ください■
https://www.instagram.com/maofu.craft/




【クラフト満生符】|陶・ひのきテーブル| 天板:57cm × 47cm/脚部:58cm × 52cm/全体高さ:57cm/重さ:14.8kg | ¥58,300(税込)

※本テーブルに関しましては、大型商品につき、配送料のご負担をいただきたく存じます。
カート投入時に、商品代金に併せて加算させていただきます。

型番 CM_006
在庫状況 1
販売価格
58,300円(税込)
購入数