New Arrival! 【上仲昭浩/二鶴工芸】| 金彩工芸<マルチポーチ>〜「ICHIMATSU」| ブルー・中色泥 | 帆布

◆New Arrival!◆
新たに入荷がございました。2022年・9月、取り扱いを開始いたします。


上仲昭浩/二鶴工芸
マルチポーチ〜「ICHIMATSU」


金彩工芸()の技を活用して仕立てた“マルチポーチ”(帆布製)になります。
およそ19×10センチと、コンパクトで使い勝手の良いサイズ感。

スマートフォン・マスク・ちょっとしたコスメ類など、
マルチな小物入れとしてご活用いただけます。

組み


ブルー地・グリーン地と黒地の3色がございます。
本画面では「ブルー地(=帆布|ブルー・市松・中色泥)」をご紹介します。
*グリーン:こちらから ⇒⇒  *黒:こちらから ⇒⇒


作品名:金彩工芸<マルチポーチ>〜「ICHIMATSU」|ブルー


金彩工芸は桃山・江戸時代に確立された帯や着物等布に金箔を施す技術です。
(※下記ムービーも、併せてご参照ください


その技術を生かし、現代の日常で長く使っていただけるように素材は帆布を選び、
市松(およびこれをベースにしたオリジナルパターン)を銀泥・中色泥(*)での
摺箔加工を施すことによって(**)、表現・制作しました巾着型のマルチポーチです。

手になじんでいく素材です。
多用途にご活用いただきながら、ぜひ“自分仕様”に育ててください!
また、マチには網代編み風の生地(ブルー/グリーン地は茶色、黒地は黒色)を使用。

また、裏地は白黒の市松紋様になります。
*上記「組み写真」()〜画面右手〜も参照ください/例示画像として“グリーン”のものを用いています




* 銀泥・中色泥とは糊(合成樹脂)に銀箔紛や顔料紛を混ぜたもので、渋い光沢になります。
* 中色とは金色と銀色との間の色目になります。

** 摺箔とは型紙(この作品ではシルクスクリーン型)を使い、
型の紋様を箔や金泥で生地に型置きする加工です。型箔・小紋箔ともいわれています。

紐は両サイドから縛るようにしており、信玄袋(合切袋)に使われている
「コキ」(***)と呼ばれている日本独自の金具を使用しております。

*** ブルー地・グリーン地はベージュ色、黒地は黒色のコキを使用。



[寸法]
タテ:約19cm × ヨコ:約10cm × マチ:約3cm

[素材]
11号帆布(表地)、コットンプリント(裏地)、
銀泥(銀箔紛・パール紛)、中色泥(銀箔紛・着色銀台金箔紛・パール紛)、
コキ(プラスチック)、紐(レーヨン)、網代編み風生地(化繊)、
緒玉(木製)



【上仲昭浩/二鶴工芸】|金彩工芸<マルチポーチ>〜「ICHIMATSU」|ブルー・中色泥|帆布|タテ:約19cm × ヨコ:約10cm × マチ:約3cm|¥3,850(税込)



◆取り扱い上の注意点・お手入れ方法など◆
・ご覧になる環境により実際の作品と色味具合が異なって見える場合があります。あらかじめご了承ください。

・洗濯及び水洗いは不可です。汚れた場合は濡れた布で軽く拭きとってください。
※マスクケースとしてご使用の際は、〜洗濯等水洗いも不可ですので〜抗菌スプレー等で対応してください。

・画像はサンプルです。大きい生地に加工していますので、
縫製の際に裁断する柄の位置が微妙に違う場合もございます。
型番 UA_22_001-BL
在庫状況 1
販売価格
3,850円(税込)
購入数