2022_New Arrival! 【赤木明登】| 丸隅折敷

◆New Arrival!◆ 新たに入荷がございました。
2022年・8月、取り扱いを再開いたします。同時点で「3点」の在庫がございます。


赤木明登|漆のうつわ
丸隅折敷

日本の漆のうつわの第一人者である“塗師(ぬし)”
赤木明登さんの「丸隅折敷」です。


寸法:31.5儚


茶懐石の作法において確かな位置づけを保ち、
またより古くは神事にもルーツを持つ儀式的色彩をまとった
テーブルアイテム、「折敷」。

格式と伝統の中にあったそんな折敷に
(品格の高さはそのままに)現代的な息吹きを与えたと言えるのが、
このひとしなでしょう。


シンプルな正方形のフォルムに、面取りを施し、
縁に斜めのカットを入れた“さりげない”使い勝手。
そして、赤木明登さんならではの工法(和紙を用いた)によるマットな感触が、
現代的なライフスタイルに不思議なくらいにマッチいたします。

(それもそのはず・・・名だたる料理研究家やフードコーディネーターの方々との、
この「丸隅折敷」をめぐっての来歴やコラボレーションのストーリーの数々は
〜赤木明登ファンの方ならば〜すでにご存じの向きも多いはず・・・。
そんな“ひとしな”なのです。)


ぜひ、皆さまの〜Contemporary Lifestyle〜に寄り添う
テーブルアイテムとして、丸隅折敷をお役立てください。




美しく 丁寧な 暮らし|赤木明登 ぬりもの|


「美しく 丁寧な 暮らし」・・・一冊の本『毎日つかう漆のうつわ』に出会い、
著者(のお一人である)赤木明登さんの実際の作品とお人柄に触れたとき、
実にくっきりと、こんな言葉が浮かび上がってきたのでした。

晴れの日の絢爛たる漆器でも、観賞用を専らとする工芸品でもなく、
日々の暮らしと共にある「うつわ」。
赤木さんが「作家ではなく塗師」と名乗るとき、身近さ・親しみと共に垣間見えるのは、
透徹した美意識の(ある種の)厳しさです。

けれども、その厳しさこそが、
私たちの心を 魅了するのかもしれません。
(紅椿それいゆ・村山)


【赤木明登】|丸隅折敷|31.5儚僉叩33,000(税込)


●「個体差」につきまして●

自然素材を用いた「手仕事による」うつわとなります。
漆の塗りの質感や木地の目の感じなど、個体によって若干の差がございます。

*お届けの品によっては、本画面に掲載した各画像と
やや「イメージが異なる」と感じられる場合があるかもしれません。
その可能性もございますこと、あらかじめお含みおきください。

型番 AA_22_012_BK
在庫状況 0
購入数
売り切れ