【雅峰窯/丹波・立杭】| 鎬・平鉢 | 白

雅峰窯
鎬・平鉢
◆今、熱い注目が集まる丹波篠山・立杭地区。数ある丹波焼窯元の中から
Online Shop|紅椿それいゆ がお届けいたしますのは、雅峰窯の皆様の作品です。


作品名: 鎬・平鉢 | 白

シンプルな円形のフォルムの中に、
丹波焼伝統の技法である
〜丹波焼らしさを特徴づける大きな要素でもある〜鎬(しのぎ)の加飾が
くっきりと、またリズミカルに息づく・・・。

ご紹介いたしますのは、
「これぞ、丹波焼!」という趣きの平鉢です。


20×3.5センチという使い回しの効くサイズと、
土と釉が織りなす
まことに温かみのある肌合い。

雅峰窯謹製、この「鎬・平鉢」は、
どんな時・いかなるシチュエーションにあっても
皆さまの食卓にしっくりとマッチして、
さりげなくも存分に、その役割を果たしてくれることでしょう。

[寸法]
直径(Φ):20cm × 高さ(H):3.5cm

[技術・技法]
成型・鎬(しのぎ/削りベラによる「鎬文」の加飾)・施釉・焼成



[丹波焼と窯元について]
瀬戸、常滑、信楽、備前、越前と並ぶ「日本六古窯」の一つであり、
同時に、個性的な作家・窯元がそれぞれの多彩な作品で人気を集める。
・・・そんな陶芸の“ホットスポット”が、
兵庫県丹波篠山市は今田・立杭地区を中心としたエリア、
そしてこの地に花開く『丹波焼』です。

古くから日々の生活に密着したうつわを産み出し続けてきた
丹波焼の窯元・つくり手たちは、
その伝統と培われた技法・技術に深く根ざしながらも、
今日的なライフスタイルにマッチした品々の開発や、
フレッシュで自由な感性の発露である作品づくりにも
きわめて意欲的に取り組んでいます。


そうした窯元/つくり手の代表格のひとつが、
今回ご紹介する『雅峰窯』さんであることは間違いないでしょう。

受け継がれてきた歴史の重みが面白い。と高く評価される窯元であり、
「作品創りで培った技法や造形を、伝統的な登り窯の焼成法や民藝に融合させて創作する」
ことを理念として掲げるつくり手集団でもあります。


【雅峰窯】| 鎬・平鉢 | 白| 直径(Φ):20cm × 高さ(H):3.5cm | ¥3,300(税込み)

「個体差」につきまして
工房においての「手仕事による」うつわとなります。そのため、個体によって若干の差がございます。
*お届けの品によっては、本画面に掲載した各画像とやや「イメージが異なる」と感じられる場合があるかもしれません。
その可能性もございますこと、あらかじめお含みおきください。

型番 GhG_21_006_01w
在庫状況 5
販売価格
3,300円(税込)
購入数