【雅峰窯/丹波・立杭】| 片手スープカップ・鎬(しのぎ)|白〜Pinkish-White〜

雅峰窯
片手スープカップ・鎬
◆今、熱い注目が集まる丹波篠山・立杭地区。
数ある「丹波焼」の窯元の中から、雅峰窯の皆様の作品をご紹介いたします。




作品名:片手スープカップ・鎬|白(Pinkish-White)

ニュアンスに富んだ白
〜Pinkish-White〜の中に、しのぎ(鎬)の稜線がしっかりと際立つ
片手持ちのスープカップ。

直径11.5cmの程よいサイズ感に加えてお値段もお手頃と、
使ってうれしい、暮らしにやさしい・・・そんなカップです。

朝食に、またカジュアルなディナーに。
あなたご自身の創意とアイディアで、多彩な演出をお楽しみください。


[寸法]
直径(φ):11.5cm × 高さ(H):14cm


[技術・技法]
成型・鎬(しのぎ/削りベラによる「鎬文」の加飾)・施釉・焼成



[丹波焼と窯元について]
瀬戸、常滑、信楽、備前、越前と並ぶ「日本六古窯」の一つであり、
同時に、個性的な作家・窯元がそれぞれの多彩な作品で人気を集める。
・・・そんな陶芸の“ホットスポット”が、
兵庫県丹波篠山市は今田・立杭地区を中心としたエリア、
そしてこの地に花開く『丹波焼』です。

古くから日々の生活に密着したうつわを産み出し続けてきた
丹波焼の窯元・つくり手たちは、
その伝統と培われた技法・技術に深く根ざしながらも、
今日的なライフスタイルにマッチした品々の開発や、
フレッシュで自由な感性の発露である作品づくりにも
きわめて意欲的に取り組んでいます。


そうした窯元/つくり手の代表格のひとつが、
今回ご紹介する『雅峰窯』さんであることは間違いないでしょう。

受け継がれてきた歴史の重みが面白い。と高く評価される窯元であり、
「作品創りで培った技法や造形を、伝統的な登り窯の焼成法や民藝に融合させて創作する」
ことを理念として掲げるつくり手集団でもあります。

※本画面ほかでご紹介する「スープカップ」のほかにも
今後、順次、多彩な作品を掲載してまいります。
乞うご期待!



【雅峰窯】| 片手スープカップ・鎬 | 白(Pinkish-White) | 直径(φ):11.5cm × 高さ(H):14cm | ¥2,200(税込み)
型番 GhG_001_02pw
在庫状況 12
販売価格
2,200円(税込)
購入数