【takenaka kinsai/竹中金彩】| glassmarker -彩- セレブレーション

◆Takenaka kinsai(竹中金彩)
glassmarker -彩-

金彩(京友禅に用いられる技法)という伝統技術で、職人が箔を貼って装飾した「白生地」のグラスマーカーです。
(※グラスマーカーは、誰のグラスかを見分けるために使う目印です。)


作品名:glassmarker -彩- セレブレーション
京都の伝統が育んだ流麗・華やかな色彩で、グラスをドレスアップ。

白生地にお祝いの意味のある伝統柄「祝紋」を金加工したグラスマーカーです。
撥水加工済み。
ゴールド/シルバーのセットのいずれかをお選び下さい。


[寸法]
直径(φ):5.4cm/箱=幅(W):18cm × 奥行(D):7cm × 高さ(H):2cm

[素材]
ポリエステル、ナイロン、アルミニウムなど

[技術・技法〜<わざ>]
金彩
※金彩:京友禅に用いられる伝統的技法で、多くのテクニックがありますが、
いずれも金属の箔を素材とし、きらびやかで優雅・流麗な装飾の技です。


[工房からのこだわりMessage]
◆金彩(京友禅)のグラスマーカーは、京都の伝統美でGlamorousな雰囲気を演出をできる
テーブルウェア・アクセサリーです。大切な方への贈り物にも。

◆それぞれが職歴五十余年の熟練の職人による一点ものになります。
同じ生地に同じ意匠を(同じ配置で)作成する事は、ほぼ不可能です。
一点一点が限定品のような貴重な品です。

<撥水加工で安心>
抗汚性を兼ね備えた撥水加工により、汚してもすぐならサッと拭くだけで
キレイになります。繰り返し長くお使い頂けます。

(※こぼした液体が乾くと跡が残ってしまいます。乾く前に拭き取るようにして下さい。)

◆祝紋には、それぞれに固有の由来とメッセージがあります。
「麻の葉」。邪を払う魔除けの意味もあり、婚礼衣装にも好まれます。
「市松」。有職文様の地紋として用いられるなど、格調高い文様です。
「流水」。一時も同じ形に止まらない→「この一瞬一瞬を大切にしよう。または火難除けとして。
「桜」は冬を越え、稲の神様が降りてくる依り代です。「前途を祝す」「門出の祝い」
「霰」。丸、円は「和=人の輪、連帯、円満」「輪=完全、完結」の象徴として好んで用いられました。
「萩と菊」。萩はパイオニア植物の一種で繁栄、豊穣祈願。菊は、菊を浸した水を飲むと長寿を保てるという故事とともに伝わりました。



【takenaka kinsai/竹中金彩】|glassmarker -彩- セレブレーション | 直径(φ):5.4cm/箱=幅(W):18cm × 奥行(D):7cm × 高さ(H):2cm | ¥4,180(税込み)


型番 TK_0002
在庫状況 20
販売価格
4,180円(税込)
セット
購入数