【眸耄 護・竹工芸作品】| 黒竹盛りかご

眸耄 護
黒竹盛りかご

美術・工芸はもとより、建物・食・年中行事や祝い事などの生活文化まで。
人・街・暮らしのいたるところに素材としての竹が根づく。
そんな「竹の都」でもある京都だからこその繊細・緻密なクラフトワーク。
そして、お人柄をしのばせるかのような、どこか雄渾で豪胆な手仕事・・・。

「竹」工芸の匠・職人であり作家である眸耄 護さんの作品を展示・ご紹介します。
その「技」と「美」とをその「技」と「美」とを、是非ご覧ください。


作品名:黒竹盛りかご
黒竹盛りかご〜「竹の弾力を活かした曲面が特徴のかごです。」・・・という作家の解説の通り、
幾何学的・力学的(?)なシャープさと、一方でどこかふんわりとした全体的なフォルム。
そして、真竹と組み合わされた黒竹の風合いが、とても魅力的ですね。

手ごろな大きさとも相まって、多用途に活躍してくれそうですよ。


[寸法]
直径(φ):23cm × 高さ(H):5cm

[素材]
黒竹・真竹

[技術・技法〜<わざ>]
編組
※「編組」とは:竹の表皮から編み方に合わせてヒゴを作りそれを編んで作る技術


[作家としての<わざ>へのこだわり]
均質なヒゴを作ることが製品の質を左右するため、特に丁寧な作業を心掛けています。
竹と会話を交わしながらの手仕事は、私自身にとっても、充実した時間です。


[取り扱い上の注意点/お手入れ]
水分や湿気の多い状態で密閉容器の中や
風通しの悪い所に置きますと、カビが発生することがあります。
水洗い可能ですが、
その後はよく乾燥させ、風通しの良い所に置いてください。



【眸耄 護】| 黒竹盛りかご | 直径(φ):23cm × 高さ(H):5cm | ¥19,250(税込み)

型番 TM_005
在庫状況 1
販売価格
19,250円(税込)
購入数